8667

 

レシピと言うほどじゃないけど、自分でウナギを釣って、さばいて、蒲焼にして食べました。今日は息子がお昼も一緒にいたので、息子にも食べてもらいました。初めて食べるウナギに興味津々で「おいしい!」と言って食べてくれました。


スポンサーリンク

ウナギを釣って食べる

実は私は釣りが趣味で、いろいろな釣りをします。中でもウナギ釣りは釣りの中でもかなり簡単です。高級なイメージのウナギですが、意外と簡単に釣れるターゲットでもあります。そして天然のウナギというのは、養殖と違い身が太ってはいません。しかし脂が全然違います。したたる脂の量も違えば旨味も違います。感動しますよ!もしも機会があれば一度食べてみてはいかがでしょうか。

ウナギは夜行性なので基本的に夜に釣ります。私が昨日の夜に釣ってきておいたものを、今日の昼にさばいて食べました。さばく前に、試しに生きているウナギを息子に掴ませてあげましたが、案の定ヌルヌルして掴めません。キャーキャー言いながら必死に掴もうとしていて笑えました。少しはウナギの感触を味わってもらえたかな?

ウナギの蒲焼き

材料

  • ウナギ
  • 市販の蒲焼のタレ
  • お好みで山椒など

 

ウナギは背開きと腹開きの2通りがあります。関西で腹開きが多いようですが、諸説ありますが関東では“切腹”を意味する腹開きを嫌い、背開きなのだとか。

私は背開きの方がやりやすいのでそうしています。開き方はYoutubeで見ながら勉強しました。

 

開いたらグリルに入れて、中火で焼くだけです。最初は蒲焼のタレをつけずに両面を軽く焼きます。火が通ったあたりで市販の蒲焼きのタレを上面に塗り、1分ほど焼いて、ひっくり返してまた上になった面に塗ります。これを3回くらい繰り返します。タレはたっぷりと塗っていきましょう。

それだけでできあがりです!あとはお好みで山椒やわざびなどをのせて食べるといいですよ。

8668

 

ちなみに今日のお昼は息子も保育園を休んでいたので、ベーコンエッグのドデカバージョンを作ってあげました。二人でお昼の番組を見ながら楽しく食べました。

息子よ、君の生まれて初めて食べたウナギは父の釣った、父のさばいた、父の焼いたものであったことを覚えておいておくれ。

8669

 

スポンサーリンク