今回は、アドセンス広告の通常の「テキスト&ディスプレイ」の広告ユニットと記事内広告(ネイティブ)の効果を比較・検証してみました。

その結果、記事内広告(ネイティブ)のほうが非常に効果があったのでここでこっそり公開しちゃいます☆


スポンサーリンク

通常の広告ユニットと記事内広告(ネイティブ)の効果を比較してみた

久しぶりにアドセンスの管理画面で【広告の設定】→【広告ユニット】→【+新しい広告ユニット】というところをクリックしてみると、なんだかいつの間にか通常の「テキスト&ディスプレイ」の広告ユニットの他に「ネイティブ」という広告が使えるようになっていた。

こんなの↓

一番左が通常の広告ユニット。そして、右3つが「ネイティブ」という広告。「ネイティブ」ってあんまりピンと来ないけど、記事の中に自然に溶け込むような広告で、あたかも記事(コンテンツ)の一部であるかのようなデザインの広告らしい。

ご覧のように3種類のネイティブ広告があるけれど、今回効果を検証してみたのが一番右側の記事内広告(ネイティブ)。私は今まで通常の「テキスト&ディスプレイ」の広告ユニットを記事内に挟んでいましたが、どうもこの記事内広告(ネイティブ)というのも記事内に挿入できるらしいことがわかりました。

とりあえず実際に挿入したけど違いがよくわからない。ただ、いつもの「テキスト&ディスプレイ」の広告ユニットとは広告の内容(表示される内容)が違うというのはわかりました。それから広告内に【見てみる】【もっと見る】【ダウンロード】【詳細】など広告をクリックさせるような誘導文が必ずあります。

 

「んーーー、でも見た感じパッとしない。特段クリックしてみたくなるような感じでもない…。」

 

それでもモノは試し、とりあえず通常の広告ユニットと記事内広告(ネイティブ)の効果を比較してみることにしました。



スポンサーリンク


2つのブログでそれぞれの広告を2週間ずつ表示して効果を検証した

私はいくつかのブログを書いていますが、その中でも1日4000PVほどのブログAとブログBの2つを使って検証しました。

それぞれのブログで、通常の「テキスト&ディスプレイ」の広告と記事内広告(ネイティブ)をそれぞれ2週間ずつ表示してみました。検証期間中の広告の良し悪しの影響を考慮して、わざとそれぞれのブログで1期目、2期目で時期をずらして、表示する広告が交互になるようにしました。

1期目(2週間)2期目(2週間)
ブログA通常の広告記事内広告

(ネイティブ)

ブログB記事内広告

(ネイティブ)

通常の広告

 

では、以下に結果を載せていきます。ただし、具体的な数字は出さずに各々の通常の広告ユニットを1とした場合の比率で公開いたします。

広告の表示回数の比較

いきなり衝撃的。

広告の表示回数は記事内広告(ネイティブ)のほうがブログAでは約9%、ブログBでは約14%も多いです。

クリック数の比較

いや~、えげつないですね。

ブログAなんて「通常の広告」と比較して記事内広告(ネイティブ)のほうが約3.7倍ですよ。なんじゃこれ。ブログBも約1.6倍です。まぁ、ブログAは「通常の広告」を表示した2週間のクリック率が本当にたまたま低かったのかもしれませんが。んーでもちょっと差がありすぎ?!

アクティブビュー視認可能率の比較

※アクティブビューは平均値で算出しました

ここまで記事内広告(ネイティブ)が絶好調でしたが、ここで悪いところが出てきました。なぜかアクティブビュー視認可能率が低くなるんです。理由はわかりません。広告の位置は同じ場所に掲載しているんですが、なぜかアクティブビュー視認可能率が変化してしまいました。この辺については私は詳しいことはわからないのでご覧になった方はご自分でご想像してみてください。

見積もり収益額の比較

はい、出ました!表示回数だとかクリック数だとかぶっちゃけどうでもいいですね!結局はこの見積もり収益額が気になります!

で、なんと!「通常の広告」と比較して記事内広告(ネイティブ)のほうがブログAでは約1.7倍、ブログBで約1.38倍です。すごくないですか?すごいですよね?!こんなに違うとは思いもしなかったです。

これ、すぐにでもネイティブにしたほうがいいんじゃないんでしょうか。って、私はもう変更してありますが(笑)

CTR(クリック率)比較

素晴らしい。ページではなく各広告ユニットのCTR(クリック率)ですが、「通常の広告」に比べて記事内広告(ネイティブ)のほうがブログAでは約3.45倍、ブログBで約1.39倍です。

CPC(クリック単価)の比較

CPC(クリック単価)ですが、好調だった記事中広告(ネイティブ)がガクッと落ちちゃいました。

いつもなぜかこうなるんですよね。クリック数やクリック率が高かったり収益額が高いのにCPC(クリック単価)が低くなる…。なんかグーグルさんに調整されてるとしか思えない。だって本来はクリック数UPがそのまま収益額UPに繋がるはずなのに、なぜかCPCが低くなるから思ったほど伸びなんですよ。なんでだろ~なんでだろ~♪♪

記事内広告(ネイティブ)の効果は素晴らしい!

というわけで、ざっと私の検証結果を公開いたしました。

あんまりみんなでじゃんじゃんやっちゃうと単価が下がるかもしれないから「通常の広告」から「記事内広告(ネイティブ)」に変更するならこっそりやってください!^^

ってか、ちゃんとご自分でも検証してみてください。今回の私の検証で使った2つのブログジャンルでは2つの広告の違いが素晴らしくハッキリ出ましたが、その他すべてのブログジャンルでも再現性があるかというと、わかりません。まぁ、お決まりですが、変更するかしないかは自己責任で★ミ

 

関連記事

>> グーグルアドセンスの曜日別の傾向について(私のブログの場合)

>> 【検証結果】アドセンスの広告掲載率の効果を確かめてみた

 

 

スポンサーリンク